スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての小説

初めて小説を読んだのは、

『夕ばえ作戦』 光瀬 竜著 盛光社 (1967/03)

   中学生が古道具屋で手に入れたタイム・マシンで
   江戸時代にタイムスリップしてしまう。
というストーリー。

子供の頃から本が好きで、
小学生の卒業文集には「本屋になりたい」と
書いていたのだが、
本屋になれば漫画が毎日読めるだろう、という
単純な動機からだと思う。

漫画漫画の日々から、
中学生の時に先生から借りたこの『夕映え作戦』で
小説の面白さに目覚めてしまった(ような気がする)。

それからウン十年、
本屋になるはずが、本をデザインする人へ。

小説を読むきっかけを作ってくれた本。
思い出して、この前買ってしまいました。

昔を思いだしながら、読みました。

NHKの少年ドラマシリーズで放映されていたので、
知っている方も多いのではないでしょうか?

と、いうよりもこの作品は名作の中に入るでしょう。


スポンサーサイト
プロフィール

たーもろ

Author:たーもろ
30歳の時、会社を設立。
何とか9年間、会社を継続中。
先の見えぬ毎日におびえつつ、
飲み屋で毒を吐く毎日。
そんな私を癒してくれる
本&DVDを模索中

最新記事
新宿御苑前 オススメ店
日記に出てきた本
日記に出てきたDVD
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
買いたい……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。